- 縄文と古代文明を探求しよう! - http://web.joumon.jp.net/blog -

彩文土器の色々 ホント色々ですよ

Posted By dokidoki On 2007年4月23日 @ 10:54 AM In Ⅵメソポタミア文明 | 1 Comment

縄文土器の話ではなくメソポタミアの土器の話です。
皆さんもご存知のように彩文土器ですが、有名なウバイド土器を始まりとして、世界各地に広がっています。広まった原因は侵略と交易によるものでしょうが、どこまで広がったと言うと
>地中海のミノス文化からミケーネ文明、エジプト、メソポタミア、インダス各文明、ルーマニアやハンガリーなどドナウ川流域、ドニエプル川やトルキスタンなどに分布。日本では弥生式土器のなかにこの形式が残っている。<と南風博物館 [1]にありました。
最後は日本の弥生式土器にも繫がっているとのこと。ちょっと驚き。 :roll:
そこで今日は写真で変遷を紹介したいと思います.
その前に
Blog Ranking [2] にほんブログ村 歴史ブログへ [3]


ew01382135.jpg [4] ウバイド土器 %E3%82%A6%E3%83%90%E3%82%A4%E3%83%89.jpgリンク [5]
ここがスタート地点。BC4000年。そこから西は
ew01342106.jpg トルコ %E3%83%9F%E3%82%B1%E3%83%BC%E3%83%8D.jpg ミケーネの例 BC2000年ごろ
リンク [6]
そして東は中国の例 出典不明
0320-04m.jpg  is70318e.jpg     
                                                   弥生式土器の例
                            リンク [7]
日本までに約4000年かかっています。
その他色々です
11456039775629021_small.jpg 出典不明 coloredvessel.jpg 出典不明
caipeng.jpg 出典不明
おまけにアメリカの例 但しこれは13世紀のもの
90000080%20%E3%82%A2%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%82%AB.jpgリンク [8]
今日は写真の紹介までですが、一番興味を引くのは、弥生式土器とアメリカの土器。ウバイドからどう繋がっていったのか?又調べてみます。


Article printed from 縄文と古代文明を探求しよう!: http://web.joumon.jp.net/blog

URL to article: http://web.joumon.jp.net/blog/2007/04/191.html

URLs in this post:

[1] 南風博物館: http://www005.upp.so-net.ne.jp/nanpu/history/babylon/babylon_dic.html#colored_vessel

[2] Image: http://blog.with2.net/link.php?163891

[3] Image: http://history.blogmura.com/in/023841.html

[4] Image: http://www.kodai-bunmei.net/blog/ew01382135.jpg

[5] リンク: http://www.city.okayama.okayama.jp/orientmuseum/net-kikaku/saimon-03.html

[6] リンク: http://www.geocities.jp/arinokey/TOP/greece/culture/culture.html

[7] リンク: http://osaka.yomiuri.co.jp/inishie/news/is70318c.htm

[8] リンク: http://www.miho.or.jp/booth/html/artcon/90000074.htm

Copyright © 2014 縄文と古代文明を探求しよう!. All rights reserved.