- 縄文と古代文明を探求しよう! - http://web.joumon.jp.net/blog -

馬の家畜化により製鉄技術向上と戦争が激化した

Posted By jomon10 On 2007年3月20日 @ 10:23 PM In Ⅴ中国文明,Ⅵメソポタミア文明,ⅩⅠエトセトラ(その他諸々) | 2 Comments

 こんにちは、ベジ紀です。
 カッピカピさんやtanoさんが投稿されていますが、馬の家畜化は羊、牛、山羊に比べ、遅かったようですね。
 それには、馬はなかなかいうことを聞かず、しかも乗りづらく、乗ったら乗ったで、すぐに振り落とされる。しかも、うかつに馬の後ろに立てば、ものすごい力で蹴り上げられる。
 などなど、様々な理由がありそうですが、遊牧民が馬に着目したのは、その力にあったのではないでしょうか。
 そして彼らは、その馬の力を引き出すために、技術と道具を次々に生み出していった。
続きはポチっ↓と押してからどうぞ。
Blog Ranking [1]
にほんブログ村 歴史ブログへ [2]


 まずイラン高原の遊牧民が、馬に車を曳かせて「戦車」として活用。これがアッシリアなどにも採用されていきます。
 さらにスキタイが、馬を自由自在に乗りこなすために、鞍や馬の口に噛ませるハミ、蹄鉄らの「馬具」を洗練し、これにより「遊牧騎馬民族」が現れます。
 そして、「遊牧騎馬民族」スキタイ人は、「鉄の民」としても名高かったそうです。
 丈夫なハミやアブミ、とりわけ蹄鉄製造のためには、「鉄」が必要不可欠だったためです。
 さらに、機動力のある「馬の戦い」は、自然と近接戦よりも遠戦が主体になるため、これが「長槍」や「飛び道具」の開発を招きました。槍・矛・長弓・弩から鉄砲まで、これらが全て「馬の戦い」の現場で発達してきました。
 
 後に戦争で使われるほとんどの武器が、この時代の遊牧民によって作られたのでした。
 馬の家畜化は製鉄技術の向上に加え、戦争の拡大にもつながっているのではないでしょうか。


Article printed from 縄文と古代文明を探求しよう!: http://web.joumon.jp.net/blog

URL to article: http://web.joumon.jp.net/blog/2007/03/156.html

URLs in this post:

[1] Image: http://blog.with2.net/link.php?163891

[2] Image: http://history.blogmura.com/in/023841.html

Copyright © 2014 縄文と古代文明を探求しよう!. All rights reserved.