- 縄文と古代文明を探求しよう! - http://web.joumon.jp.net/blog -

中国文明:殷(商)王朝~貝貨という幻想

Posted By sawatan On 2007年2月17日 @ 11:01 PM In 黄河文明 | 1 Comment

今晩は さーねです :wink:
前回のなんでや劇場~市場の起源~から、市場の前提である幻想共認を追ってみたいと思います
その中で注目したのが、中国文明最古の貨幣と言われる「貝貨」です
殷(商)王朝の支配構造から考えると、中国において、市場の元となる幻想の起源が、貴重品とされたこの「貝貨」であったのではないか
最古の貨幣は実は…幻想そのものだった
ぜひ、ポチっとBlog Ranking [1]にほんブログ村 歴史ブログへ [2]
kaika.jpg
殷(商)王朝の貝貨
世界最古の貨幣~貝貨 [3]


るいネットより、なんでや劇場69 ~市場の起源~について [4]からの市場が成立していく上での重要な普遍構造をおさえます。
>第二に、市場の発生を、「上位者への富の集中」という結果からの可能性収束として捉えていた点です。…(中略)…ここには「富の集積→私権拡大の可能性の消滅→どうする?⇒商人・市場の発生」という実現論の底流に流れる概念形式がクリアに表れています。
>最後に、これが最も面白かったのですが、「市場の拡大は幻想共認に基づいた不等価交換を原動力としている」という視点です。
この構造を軸に考えてみると、「貝貨」は貨幣と呼ぶより、まず「貴重な品」であったのではないでしょうか?
①まず、殷王朝という支配者層によって、富の集中
→その支配構造は、徹底した祭祀による政治
祭祀には、呪術品や貢物,生贄が必要だった
②一方、貝貨に関する説明を読んでみると、殷の時代は「祭祀」に使われたとする説が多い。(その後、この貝貨に似た石製や陶器製の貨幣がつくられる)
①,②を合わせて考えると、王朝以外の誰かが
富の集中
→私権獲得の道が閉ざされる
→どうする?
⇒祭祀が国の統合軸
→最も重要な祭祀には、よりふさわしいお供えや貢物が必要
⇒貝貨(宝貝)はキレイ♪これは祭祀の品としてふさわしい!
→これを貢物として持ち込めば、富のおこぼれをもらえる!

確かに、現代の 宝貝 キレイ
Kiiro.jpg
よって、キレイな宝貝を王朝に持ち込み、切々とその貴重さを訴え、おこぼれにあずかったのではないでしょうか?
それが王朝に認められたことによって、次第に貝貨として流通していったのではないでしょうか?
ここで大事なのは、単なる貝が⇒貴重品⇒価値のある貨幣へと変貌した。貴重であるという幻想を生み出したこと。
中国文明初期の王朝:殷(商)王朝の最初の幻想共認なのではないでしょうか?


Article printed from 縄文と古代文明を探求しよう!: http://web.joumon.jp.net/blog

URL to article: http://web.joumon.jp.net/blog/2007/02/140.html

URLs in this post:

[1] Image: http://blog.with2.net/link.php?163891

[2] Image: http://history.blogmura.com/in/023841.html

[3] 世界最古の貨幣~貝貨: http://www1.u-netsurf.ne.jp/~sirakawa/C001.htm

[4] なんでや劇場69 ~市場の起源~について: http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&m=142625

Copyright © 2014 縄文と古代文明を探求しよう!. All rights reserved.